バイク用に買ったBluetoothレシーバーが壊れたので分解してみた

バイクでツーリング中にスマホナビの音声や音楽を聴くため
ヘルメットの中に薄型のヘッドホンをばらしたものを仕込んでいる。

スマホとの接続方法が有線だと乗り降りの時に引っかかったりするので
Bluetoothレシーバーを購入。
まぁ、とりあえず聞こえれば音質はどうでもいいか。ということで
アマゾンで一番安く評価もそこそこの【Inateck Bluetooth4.1受信機 BR1004】というやつを買ってみました。

これが現物。小さくて軽いし、バッテリーの持ち時間も10時間と
小型機種の中では一番長持ちなのも購入した理由でした。

しばらくはきちんと使えてたので、安くていい買い物をしたと思ってたんですが・・・
1か月ほどたったころから、雑音が入ったり左側の音が出なくなったりといった
症状がではじめました。
そして先日、ツーリング中に雑音しか再生されなくなったとおもったら完全無音状態に。
いつもこのレシーバーはヘルメットの後部にマジックテープで固定しているので
手探りでイヤホンジャックを一旦引き抜き、差しなおそうとしてみるがスカスカと手ごたえがない。
おかしいと思いヘルメットを脱いで見てみると・・・

分かりづらいかもしれませんが、イヤホンジャックのあった部分に
ポッカリと穴が開いてます(笑)
このままでは何の役にも立たないので、ダメもとで分解してみようと思います。

まず、本体を開けなきゃ始まらないんだけど開け口がイマイチわからない。
つなぎ目っぽいところはあるんだけど、隙間にヘラを突っ込んでグリグリしても
四隅の部分がガッチリ固定されているようで開きません。
でも、ほかに開けられそうな場所がないので力づくで引っぺがしてみたら・・・

ちぎれてしまいました(笑)
どうやら小さいねじで4か所固定されていたようです。
どうりで開かないわけだ・・・

で、どうやって開けるのが正解だったかというと

ねじ止めされたフレームの上に薄いパネル(写真上)が両面テープで
貼ってあったので、これを剥がすのが正解だったようです。
ま、これはもう捨てる気満々なのでどうでもいいことですけどね!

4か所のねじを外すと基盤とバッテリーが出てきます。
と、同時に故障の原因もコロッと出てきました。

イヤホンジャックのパーツが基盤から剥がれてました(笑)
見たところ3か所半田付けされていたようですが、かなり雑なつけ方を
されている様子。
たぶんここを付け直せば治ると思いますが、すでに外装が傷だらけの上に
ボタン周りのフレームがちぎれてしまったのでこのまま廃棄処分すると思います。

この機種、単純にBluetoothで音が飛ばせればいい人にはお勧めです!
ただし、当たりの個体を引く強運があれば・・・ですが。

実は自分はこれで2台目だったりします。
最初に買ったやつは最初から右側しか音が出なかったので返品して買いなおしました。
それで届いた2台目がこれなんですが、もしかしたら一台目も同じ原因だったかも
しれませんね。

後日談があります。やっぱりお勧めできない製品でした。

SONY α7IIとモバイルバッテリーで長時間撮影を試してみる

今、自分が愛用しているカメラがソニーのα7II。
動画も結構きれいに撮れるので気に入ってるんですが
すぐにバッテリーが無くなってしまうのが気になります。
予備バッテリーを持っていっても入れ替えるのがメンドクサイですし^^;

また、純正オプションの縦位置グリップを使っても、バッテリー2個分にしか
ならないですしお値段も結構します(定価3万円くらい)

次に検討したのがこれまた純正オプションのACアダプター(AC-PW20)です。
これが使える環境ならば時間無制限で撮影できるのでベストですが、名前の通りACアダプターなのでコンセントが無いと使えない・・・

そこでAMAZONでいろいろ検索し、見つけたアイテムがこれです。

[PSE規格品]Gonine AC-PW20アダプター


写真に写っているものの中で、今回使うのは右側のDCカプラー部分だけです。

それとバッテリーの代用となる
【Poweradd 23000mAhモバイルバッテリー】


野外で使用したのでちょっと汚れてますが^^;
これは標準でDC出力ができ、電圧も(9V・12V・16V・19V・20v)が切り替えられるのでノートPCへ給電することも可能。
もちろんUSB端子も二つ(2.1Aと1.0A)ついてます。
そしてα7IIの純正バッテリーは7.2Vなんですが、その設定はないので今回はちょっと高めの9Vでいきましょう(笑)

では、アイテムが揃ったのでいよいよ配線!

α7IIのバッテリーをはずし、代わりにDCカプラーを装着します。
カプラーの中身はおそらく配線だけで空っぽなのでやたらと軽い(笑)

カプラーから出ているコード部分は、バッテリーケースの蓋についている
ゴム蓋を開けてそこから出します。

こんな感じ。

あとはモバイルバッテリーに付属していたDCケーブル(オス)と
カプラーから出ているDCプラグ(メス)をつなげばOKです。

実際に使うときはこんな感じ。

あとは実際にどれくらい撮影できるのか試してみようと思います。
モバイルバッテリーは残量98%でスタート、SDメモリは64GB(だったと思う)を装着済み。
動画は一度に30分までしか撮影できないので、30分撮影した時点での残量をチェック。
フォーマットはXAVC S 60Pに設定して撮影スタート。




30分後、撮影が止まった時点で残量をチェックしてみると・・・なんと96%残ってます!
これなら一日中動画を撮ることがあっても安心ですね^^

【追記】
上の状態からタイムラプス撮影を10秒間隔で999枚、これを2セット撮影してみました。
この時点でバッテリー残量は66%でした。まだまだ余裕です!

【さらに追記】
使い方を誤ってカメラを壊してしまいました(^^;
設定を間違えなければ大丈夫ですが、くれぐれもご注意を!

近所の水路で小鮒釣り

今日は小鮒釣りをするためにセローに乗ってぶらぶらしてきました。
静かな場所でのんびり釣りがしたかったので、人が多そうな有名ポイントは外して場所探し。
こういう時はバイクってほんと便利ですよね^^
車だとどこでも止めるってわけにはいかないし、小さなポイントはそもそも車で入れないような
狭い場所が多いし。
事前にグーグルマップの航空写真でよさそうな場所を探しておいたけど、実際行ってみると
この時期はどこも水位が低すぎて釣りどころじゃない感じ・・・

ここで以前行ったことのある水路を思い出し、ダメもとで行ってみるとやはり水はかなり少ない。

ところどころ川底が露出しているし、水があるところでも水深20センチほどで底が見えている。
が、この場所は一番奥の突き当り部分、柱の向こう側だけズドンと深くなっているポイントなのです。
なので、予想通りならこの辺一帯に生息していた魚たちがここに集結しているはず!
とりあえず竿に仕掛けをセットして深さを測ってみるが、手持ちの11尺の竿では底まで届かず・・・
底釣りは無理かーと思っていたら、何かの魚が飛び跳ねるのが見えた。
これならいけるかも!?ということでポイントまでぎりぎり届くように浮きをセット。
浮き下は70センチくらいかな?
餌はマルキューのタナゴグルテンを使用。これ、タナゴ用だけど小鮒釣り用にもおすすめです!

準備ができたところで第一投。
なんとなくウキの動きに違和感を感じ、あげてみるといきなり小鮒が釣れていた(笑)
幸先のいいスタートだが釣ったというより釣れていたなのが残念なところ。
これがフナの居食いってやつなのかな?
ただ、いま持ってきている道具ではこれ以上高感度の仕掛けを作れないのでこのまま続行。
微妙な当たりの時はマブナ、明確な当たりの時にはモツゴとオイカワがいいペースで釣れ続けて
めちゃ楽しい^^


2時間くらいで4~50匹くらい釣ったかな?そろそろ満足したので帰りましょう。
この中からマブナとオイカワは、何匹か持って帰って食べてみようと思います。

そんな感じで久しぶりの小物釣り、楽しかったです^^

マツダ アクセラのスマートキーの電池交換

自分が乗っているアクセラのスマートキー、たまーに反応が無いときが
あるので電池交換してみました。
あ、うちのはBMアクセラの前期型です。後期型も同じかな?
以前、初代のアクセラも乗ってましたが、あのときはカードキーだったので薄くてよかったのになぁ。
今のはポケットの中で結構邪魔です・・・


まずは裏側のスイッチをスライドさせて物理キーを引き抜きます。
キーを抜いた内側部分(赤枠)に溝があるので、ここにマイナスドライバーなどを
突っ込み、テコの原理で持ち上げるとパチッと外れます。
左右に同じ溝がありますので両側とも外します。
このとき、傷をつけたくない人は当て布か何かをかませた方がいいかもしれませんね。
自分はホチキスのお尻にある針外し(?)部分を使いました。
これだと角がなくて丸いので傷がつきにくいです。


先ほどの2か所を外すと、外側から見たときに半分くらいまで隙間ができていると思います。
この隙間にマイナスドライバーを差し込んでグリグリっとするとパカッと開いて分解完了です!


そして分解した図。
電池の上に黒くて丸いプラスチックの蓋が被っていますが、普通に引っ張れば外れます。
電池はCR2025が使われてたので、ダイソーで2個入りのものを買ってきて入れ替えました^^

あとは電池の蓋を元に戻して組み立てれば作業完了です。
5分くらいの簡単作業でしたが、キーの反応も良くなり快適になりました!

まず失敗するような作業では無いと思いますが
もし作業される方は念のため自己責任でお願いします。