車・バイク

万が一のバッテリー上がりに備えて、コンパクトなジャンプスターターを購入してみた

こんにちは。

先日は関東でも久しぶりに雪が降り、一部では交通網が麻痺してニュースになってたり。

我が家の周りはたいした積雪も無くスタッドレスタイヤに履き替え済みだったので問題無かったんだけど、結局他のノーマルタイヤの車が立ち往生したら巻き込まれたらアウトってのがつらいところですよね・・・

ホント皆さん、冬になったらスタッドレスタイヤ履いたほうがいいですよ!もし雪が降らなくても雪国ドライブとか楽しいし笑

とまぁ話が逸れたけど今回はジャンプスタータを買ってみたよという話です。

ジャンプスターター購入のきっかけ

そのきっかけになったのが昨年末、ディーラーで点検を受けたときに「バッテリーが弱ってきてますね」と言われ、見せられたレシートみたいな紙に残量?47%と出ていたこと。

あと半年くらいは大丈夫かな~?でも交換しといた方が間違いないですよ。と整備担当。

だけど車の買い換えを考えているタイミングだったんでなるべく無駄な整備はしたくないので、とりあえず今回はスルー。

というかその他にも消耗品や交換パーツの候補がいくつかあったんだけど全部放置です笑

買い換えるまで持ちこたえてくれることを祈りましょう・・・

ということで実際に買ってみた

とはいえ、この寒い時期に山奥なんかでバッテリー死んで帰れないとか嫌なので保険の意味でポチったのがコレ。

見た目はゴツ目のモバイルバッテリーみたいだけど、車で使うブースターケーブルみたいなのが付属していてバッテリー上がったときにこれでエンジンを掛けられるという優れもの。

万が一の時に救援してくれる他の車がいるとは限らないし、その場でJAF呼んで待ってるのも面倒くさいし。

もちろんUSB端子もついているので、スマホなどの充電に使うこともできますよ!

ちなみに、入力はUSB-Cで、出力は5V/2.1AとQC3.0の2口付いてます。

動作チェックをしてみたいが・・・

さて、購入したのはいいんだけど動作チェックはどうしたもんでしょうか?

都合良くバッテリー上がりなんて起こるわけも無く、とはいえ保険で持っていた物がいざという時にきちんと使えるかどうか分からないというのもなんだか心許ない。

とりあえず満充電にして車載ボックスに放り込み数日がたったころ、千載一遇のチャンス到来!

会社に置いてあった原付がバッテリー上がりでエンジンかからないという話を聞きつけ、早速これを持って現場に急行(`・ω・´)

ここからの作業を本当は写真を撮りながらやりたかったんだけど、上司も近くでウロウロしてたんでなんとなくそんな雰囲気じゃ無かったんで画像無しです。ごめんなさい・・・

ま、作業はめっちゃ簡単なんで問題無いかな。

作業1 バッテリーのプラス端子に赤ケーブル、マイナス端子に黒ケーブルをつなぐ

作業2 バッテリー本体とケーブルを繋ぐ

作業3 バッテリーのスイッチをONにする

作業4 エンジンをかける

ね?めっちゃ簡単でしょ?

で、結果なんだけどセルは勢いよく回るけどエンジン掛からず笑

どうもバッテリーだけの問題じゃなかったみたいです。

原付はそのまま修理に出されることになりましたが、このジャンプスターター自体はきちんと使えることが判明したのですべてOK!

というわけで今回はこのへんで。

-車・バイク
-

//Amazon モバイルポップーオーバー

© 2022 たかねこのひとり放浪記