車・バイク

セロー250のフロントタイヤを交換

投稿日:2017年4月29日 更新日:

愛車のセロー250のフロントタイヤがだいぶ減ってきたので、交換することにしました。
こんな感じでかなり摩耗してます。
摩耗したGP-21

今回使用するタイヤはリアに履いているGP-22と合わせてIRCのGP-21とチューブをウェビックで購入済み。

これまでも何度か自分でタイヤ交換はしているんですが、なんせ年に一度やるかどうかな頻度なのでいつもやり方を忘れてしまっています(笑)



とりあえず工具はそろっているはずなので、さっそく作業開始。
まずはフロントのアクスルナットを外します。

・・・外します・・・固くて全然回らない・・・

車載工具では歯が立たないので、ラチェットレンチに交換してフルパワーで回してみる。
おっ、ちょっと回った!
もういっちょ!よし回った!もういっちょ!また回った!

ですが、何度か回しても全然緩む気配がありません。
冷静になってよく見てみると、反対側のボルトも一緒に回ってますね^^;
前回も同じことをやったのをここで思い出しました。

原因がわかれば対策すれば済むことです。
車載レンチで片方を固定し、ラチェットレンチで回す!
これで外れるはず・・・なんだけど固すぎて回りません・・・
そもそも車載レンチがしょぼすぎて力が入らない&手が痛い。

しばし考えてひねり出した方法がこちら。
・556を吹き付けて固着を溶かす
・ボルト側を持ちやすいラチェットレンチで固定
・ナット側に車載レンチをはめ、ハンマーの打撃で回す

ちょっと荒っぽい方法ですが、無事に外すことができました^^
セロー250 フロントホイールをはずす

あとはタイヤをホイールから外すのですが、リアと比べるとフロントはずいぶん簡単に外れますね。
エアバルブの虫を外し空気を抜き、膝で踏みつけてビードを落とす。
あとは手&タイヤレバーであっというまにホイールから外れました。

・・・と、ここで雨がパラつき始めましたΣ(゚Д゚)

ヤバい!急がなくては!
こういうときに焦って作業をすると大抵ろくなことにならないものです。
そそくさと新しいタイヤの組み付け&チューブ装着完了、準備OK!
エアコンプレッサーを出動させてエアーを充填していくと、シューといういやーな音が・・・
あきらかにチューブからエアーが漏れてます。それもかなりの勢いで。
バルブの虫がちゃんと閉まってなかったかな?と淡い期待を抱いたりしましたがどう見てもバルブ以外のところから音がしています。

心の中で半泣きになりながら、せっかく装着したタイヤを再び外していきます。
このとき雨がパラパラ降り始め、急に強風が吹き始めました。もう踏んだり蹴ったりです。

慣れた手つきでタイヤを外し(本日2回目ですからね)チューブを取り出しチェック。
水に入れて確認するまでもなく、デカい穴ががっつり開いてました。3か所も(笑)
急いでいたとはいえ、自分の作業の雑さに嫌気がさしますね。

とりあえずパンク修理キットを持ってきて修理開始。
せっかくの新品チューブがあっというまにボロチューブになってしまいましたが、とりあえず穴は修理したし空気が漏れなければもうなんでもいいや。

そんなこんなで再度組み付け&エアー充填。

また空気漏れ発生_| ̄|○

この時点で雨はかなり強く、もう死にたい気分でいっぱいです。
諦めてバイク屋に持っていこうかとも考えましたが、ちっぽけなプライドがそれを許しませんでした。

もう外での作業は諦め、散らかった工具を片付けタイヤをリビングに持ち込んで作業続行です。
ここで押入れを漁ったところ、いつ買ったのかわからない予備チューブを発掘!奇跡が起きたので今回買ってきたチューブは速攻で捨てました。

さて、室内に移ったことで心にもだいぶ余裕ができ落ち着いてやり直しです。
ここからは特にトラブルが起こることもなく順調に作業が完了しました。
結果、タイヤ交換は完了しましたがいろいろ大失敗の一日でした。

 

以下は次回に向けての個人的タイヤ交換メモです

・アクスルナットは反対側を固定してから回す

・タイヤをホイールに嵌めるとき、最初はタイヤレバーではなくて手で押したほうが早い。7割くらいはまったらタイヤレバー使用

・タイヤをホイールに嵌めるとき、最後の所が固くてはまりづらい時は反対側のビードをリムの深いところに落としておくと楽

・チューブはタイヤに入れた後少しだけ空気を入れておく。タイヤレバーを深く突っ込むとチューブを噛んで穴が開きやすい

時間に余裕がないときは作業禁止!

次回作業時にはスムースに交換できることを祈りつつ終了といたします。

 

▼今回使ったタイヤはこちら

 

0

-車・バイク
-, ,

Copyright© たかねこのひとり放浪記 , 2019 All Rights Reserved.