120cm水槽のリセットを決意!



我が家には水槽がいくつかありますが、その中でもメイン水槽と言えるのがリビングに置いてある120cm水槽です。

すでにセットしてから一年半が経過していますが、ここ2か月ほど水槽を弄る気力がなく餌をあげるだけでずーっと放置していました。

そうすると当然水草は伸び放題、レイアウトは崩壊し見るも無残な姿に・・・
そしてそれを見て見ぬふりで放置するという悪循環に陥っていました。

続きを読む →

ピグミーグラミーの稚魚育成って難しい・・・



こんにちは!たかねこです。

以前記事にしたピグミーグラミーの稚魚ですが、うまく育てることが出来ませんでした(;_;)

死んだ稚魚を確認はしていないんですが、結局一匹もいなくなってしまい残念です。

やはりこのサイズの稚魚に人工飼料では難しいんでしょうか?

本水槽の方ではその後も毎週産卵を確認していたので、そのまま親魚任せにしてみたんですがそちらも育たず(こっちは同居魚に食べられている可能性大ですが)

もともとの生息地では止水域や流れの緩やかな小川などに住んでいて微生物やプランクトンを餌としているらしいので、それらのほとんどいない水槽では厳しいのかもしれません。

逆に、屋外に水槽を置いて青水状態にすればあっさり育ってくれそうな気もするので今度試してみようと思います!

オトシンネグロの稚魚かと思っていたら・・・

こんにちは!たかねこです。

以前記事にしたオトシンネグロの稚魚の続報です。

あれから一か月以上経ち、稚魚たちもすくすくと大きく育ちました。

しかし、育つにつれて色が黒っぽくなり体に白い模様が現れ始め「なんかオトシンネグロじゃないかも?」という気がしてきます。

そしてついに、体色がハッキリしてきて確信しました。

こいつらブッシープレコの稚魚だw

では、こちらをご覧ください。

ブッシープレコ(親)
問題の稚魚たち

これもう間違いないですよね。

この親ブッシーは流木ストック水槽に紛れ込み事件を起こし、冷たい水槽で年を越すという過酷な状況を生き残ったツワモノです。

そんな彼らが子孫を残したのは嬉しいことなんですが、この稚魚たち確認できただけで10匹ほどいるんです・・・大きくなったら完全に持て余すんですけど(>_<)

ミスト式のモス水槽に注水しました

こんにちは!たかねこです。

ミスト式で流木にモスを張り付けていた30cmキューブ水槽ですが、やっと水を入れてみました。

 

汚いっ!

苔の塊を掬い取りたいところですが、崩れて水槽中にまき散らすことになりそうなのでそのまま底面フィルターのポンプをONにして数日放置・・・

 

苔のお掃除舞台としてミナミヌマエビ5匹と、カワコザラガイ駆除部隊としてチェリーバルブ一匹を本水槽より派遣しました。

エビたちはさっそくツマツマしているので一週間もすれば多少奇麗になるんじゃないかと期待しつつ、今回はこのへんで。