DIY アクアリウム

水作のエアーポンプ 、水心シリーズでエアが弱くなったときの対処法

先日より我が家の水槽を片っ端からリセットする作業を進めているんだけど、それに合わせてアクア用品をしまってある箱を整理したらなんと!エアーポンプが大小あわせて5個もでてきましたw

しかも全部水作のエアーポンプ、水心「SSPP」シリーズばかり。

ちょうど魚たちの一時避難用水槽につかうスポンジフィルター用にしようと思い、電源を入れるが音はすれどもエアーがでない・・・

あれー?壊れてたっけ?と思いつつ他のをつないでみるもやっぱりダメ。

結局5台ともエアーが出ないというなんとも言えない状況になってしまいました。

おそらく片づけた時には動いてたはずなので、長期間放置していた間にどこかが固着したかなんかでうまくエアーを送れないんでしょう。

このまま捨てるのももったいないので分解して修理をしてみます。

バラして原因を探る

ばらし方ですが本体裏側のねじを外すだけなのでこれは簡単。

パカっとあけるとこんな感じになってます。

左側の黒い円筒状の部分がエアー量の調整つまみです。

その右側がエアーを送り出すパーツで、これらはつながっているので引っ張るとひとかたまりで本体から外すことができます。

金属パーツの左側についている磁石が上下に振動することで、真ん中のカップ部分を動かして空気を送る仕組みです(多分)

このカップ部分は引っ張ると外すことができます。

動作不良の原因は汚れ?

すると、下から出てきた白いパーツの一部分がやけに黒いのがわかると思います。

穴が開いているのでおそらく空気が通る部分だと思いますが、この汚れが動作不良の原因かもしれないのでよく拭いてきれいにしておきましょう。

さらにポンプカップにはまっているほうのパーツも外すとこちらも汚れている。

この部分はさらに小さなパーツがくっついていてバラすとこんな感じに。

円形のパッキンのようなものと、それを抑えているゴムキャップかな?

見てのとおり煤のような真っ黒い粉状の汚れがごってりついていたのでこれもきれいに掃除。

まぁ、こんなもんでいいかな。

あとは元通りに組みなおして動作テスト。

うん、無事にエアー量が復活しました!

もし同じようにエアーポンプが壊れたかも?という人がいましたら参考になればと思います。

-DIY, アクアリウム

© 2021 たかねこのひとり放浪記