近所の水路で小鮒釣り

今日は小鮒釣りをするためにセローに乗ってぶらぶらしてきました。
静かな場所でのんびり釣りがしたかったので、人が多そうな有名ポイントは外して場所探し。
こういう時はバイクってほんと便利ですよね^^
車だとどこでも止めるってわけにはいかないし、小さなポイントはそもそも車で入れないような
狭い場所が多いし。
事前にグーグルマップの航空写真でよさそうな場所を探しておいたけど、実際行ってみると
この時期はどこも水位が低すぎて釣りどころじゃない感じ・・・

ここで以前行ったことのある水路を思い出し、ダメもとで行ってみるとやはり水はかなり少ない。

ところどころ川底が露出しているし、水があるところでも水深20センチほどで底が見えている。
が、この場所は一番奥の突き当り部分、柱の向こう側だけズドンと深くなっているポイントなのです。
なので、予想通りならこの辺一帯に生息していた魚たちがここに集結しているはず!
とりあえず竿に仕掛けをセットして深さを測ってみるが、手持ちの11尺の竿では底まで届かず・・・
底釣りは無理かーと思っていたら、何かの魚が飛び跳ねるのが見えた。
これならいけるかも!?ということでポイントまでぎりぎり届くように浮きをセット。
浮き下は70センチくらいかな?
餌はマルキューのタナゴグルテンを使用。これ、タナゴ用だけど小鮒釣り用にもおすすめです!

準備ができたところで第一投。
なんとなくウキの動きに違和感を感じ、あげてみるといきなり小鮒が釣れていた(笑)
幸先のいいスタートだが釣ったというより釣れていたなのが残念なところ。
これがフナの居食いってやつなのかな?
ただ、いま持ってきている道具ではこれ以上高感度の仕掛けを作れないのでこのまま続行。
微妙な当たりの時はマブナ、明確な当たりの時にはモツゴとオイカワがいいペースで釣れ続けて
めちゃ楽しい^^


2時間くらいで4~50匹くらい釣ったかな?そろそろ満足したので帰りましょう。
この中からマブナとオイカワは、何匹か持って帰って食べてみようと思います。

そんな感じで久しぶりの小物釣り、楽しかったです^^

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です