ウナギ釣りポイントの開拓に行ってきた

昨日ウナギ釣りに行ってきたばかりですが、今日も午後から時間が空いたので行ってきました。
今回は新しいポイントを開拓するため、バイクに釣り道具を積み込んで出発です。



第一候補のポイントへ

まず最初に向かったのは埼玉県内の荒川です。
あらかじめGoogleMAPであたりを付けておいた場所で、テトラポットが沈んでいるポイントなのでテナガエビでも釣れないかなーと一応エビ釣り仕掛け一式も持ってきました。

バイクで草に覆われた小道を突き進みポイントに到着すると、まずとにかく暑い!
一面コンクリ護岸のせいか遠火でじっくり焼かれているような暑さ・・・
仕掛けを準備している間にも滝のような汗が流れ、ガンガン体力が削られているのがわかります。

そんな状況の中とにかく第一投目!
川の中ほどの所に投げ込んだんですが、見た目より流れが速いのか錘が流されて手前に戻ってきてしまいます。
錘を12号から20号に交換し再度投入。
・・・しかし、これでも錘が流されてしまう。
これ以上の錘は竿が耐えられなそうなので遠投は諦め、足元のテトラの隙間に落とし込む方式にしてみました。

しばらくはアタリもなさそうなので、エビ釣り用に持ってきた短竿をセット。
途中の上州屋で買ってきた赤虫を餌にテナガエビ釣りでもして時間を潰します。

テトラの隙間に赤虫を落とし込むとすぐさま浮きが消し込みました!
こんなアタリなので当然テナガエビではありません(笑)
こんな調子でクチボソ君が次から次へと掛かってしまい、まったく釣りにならないのでテナガエビ狙いは終了!

テトラ穴の仕掛けにアタリが!

テナガエビ釣りの仕掛けを片付け、あまりの暑さに水筒の麦茶をガブガブ飲んでいるとテトラの穴に突っ込んでいた竿にアタリがありました!

PEラインをテトラに擦らないように注意しながら巻き上げると・・・

残念ながらアメリカナマズでした。おまえはここにもいるのか・・・

ここで体力も気力も尽き果てたので移動することにしましょう。
コンビニでアイスを買い食いしながら次のポイントを検討します。
どこにいこうかな・・・

ダメもとで近所の小さな川へ

いろいろ考えた結果、すでに時間は午後4時過ぎということもあり自宅へ帰る途中にある小さな川に行ってみることにしました。

川沿いを走りながらポイントを探していると、ちょうどよさげなところを発見。
周囲は田んぼに囲まれていて、小さな橋が掛かっています。
バイクを停めて水面をのぞき込むと鯉らしき魚影を確認。
ここなら最悪でも鯉が釣れるだろうという後ろ向きな理由でここで釣りをすることに決定です(笑)

本日の釣りポイント

さくっと仕掛けを準備しミミズを付けて投入。
鯉がウヨウヨと泳いでいたので、すぐにアタリが来るだろうと思っていたら以外にそうでもなかったですね^^;
鯉ってミミズは好きじゃないんでしょうか?

そんなこんなで15分ほど経った頃でしょうか?
竿が吹っ飛ぶほどのあたりが来ました!
ドラグがジージーと引き出され、かなりの大物の予感です。
足元まで寄せて引き上げてみると・・・

ナマズ

ナマズでした。50cmくらいあるでしょうか?
でっぷりとしたお腹のいいサイズのナマズさんです^^
それにしても、アメリカ産じゃないナマズはずいぶん久しぶりですねー
本命じゃなかったけど、幸先のいいスタートです。

その後も頻繁にアタリが続き

追加でナマズ3匹とマブナ3匹が釣れました!

このへんで時間は7時を回り、辺りもだいぶ暗くなってきました。
ミミズの残りも僅かとなり、そろそろタイムオーバーとなりそうです。
次を最後の一投にするつもりで残りのドバミミズを全て房掛けにして投入!

そして奇跡が・・・

あたりはすっかり暗くなり、餌もすべて使い切った。
背水の陣であたりを待っていると、鈴の音とともに竿先がグンッグンっと力強く引き込まれる。
慎重に合わせをいれると手ごたえあり!
最後の一匹、何が釣れているのかワクワクしながらリールを巻き上げると水面で暴れる細長いシルエットが見えます。

ウナギか!?

足元まで寄せてみると、これまで釣った中で一番大きなウナギでした。
最後の一投で釣れるというちょっとドラマチックな展開に大満足し、本日の釣行はここで終了です。

現場でウナギの写真を撮ろうとしたのですが、クーラーボックスの蓋を開けると飛び出してくるので撮影を断念。
家に持って帰って昨日釣ってきたウナギと合流させたところでパチリ。

上が昨日釣ってきたウナギで、下が今日釣ってきたウナギ。
ちなみに、この容器の幅は40cmです。
この二匹、意外に長さは同じくらいに見えますね。太さは全く違いますが。

今日はウナギが釣れたこともそうですが、家の近くにウナギがいるということが分かったのが何よりの収穫でした^^
しかもこの川で釣りをしている人を見たことが無いので穴場なのかもしれません。

※後日このウナギで蒲焼を作りましたので、以下の記事もどうぞ!
■釣ってきたウナギを捌く
■釣ってきたウナギを蒲焼にして食べる!

 

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です